メタルマッスルHMB GACKT ガクト プロテイン

MENU
 

アスリートや、トレーニングをする人達にとって必要不可欠な栄養素、タンパク質。
どうしても食事だけでは不足しがちなタンパク質を手軽に摂ることができる“プロテイン”について今回は調べてみました。
ひとくちにプロテインといっても、摂取する目的やフレーバーなどによりたくさんの種類が店頭に並んでいます。
最もメジャーなものが、プロテインの王様とも呼ばれる『ホエイプロテイン (乳清を分離して作られたもの)』ですが、このホエイプロテイン、実は精製の仕方によりWPC、WPIと二つの種類があることをご存知でしょうか?

 

WPC Whey Protein Concentrate

【濃縮乳清タンパク質】
原料となる乳清を特別な方法で濾過し、タンパク質を取り出したものなんです。
タンパク質の含有量はだいたい80パーセント程度のものが売られています。

 

こちらは、低コストで大量生産が可能なので、当然店頭価格も安くなっています。

 

アミノ酸が結合したホエイペプチドやカルシウム、ビタミンなどもタンパク質と一緒に残すことができるため、栄養価も高いものになっています。

 

このホエイペプチド、実は免疫力を高める効果や脂肪燃焼効果、美肌などの嬉しい効果があると言われているのです。
健康志向の方、美容目的でトレーニングされている方に適したものと言えます。

 

ただ、乳糖も5〜6パーセント含まれています。

 

日本人に多いと言われる、乳糖不耐症の方は気をつける必要があります。
牛乳を飲んで、消化不良を起こしてお腹がゴロゴロしてしまったり、下痢をしてしまう、という方にはWPCはあまりお勧めできません。

 

特にこうした症状もなく、栄養補助も兼ねてプロテインを飲み始めようかな、という方にはお財布にも優しいこちらの種類がお勧めです。

 

WPI Whey Protein Isolate

【分離乳清タンパク質】
こちらは、WPCの製法で濾過したものをさらに分離し、不純物を取り除いたものです。
タンパク質の含有量は90パーセント以上のものが多いです。

 

やはり工程が増える分コストも上がってしまいます。
乳糖や脂質などの不純物はほとんど含まれていないため、乳糖不耐症の方でも安心して摂取することができます。

 

また、糖質制限など本格的に身体作りをしている方にも適しています。

 

ただし、ホエイペプチドやビタミン、ミネラルなども製造過程で取り除かれてしまいます。
WPCに入っていた、免疫力アップなどの嬉しい効果がなくなってしまっているのですね…。

 

ただ、もともと値段の高いものが多いWPIですので、あとから栄養成分を付け足しているものなどもあります。

 

このように、同じ原料のプロテインでも価格や成分の違いがあるんですね。
ぜひよく調べた上で、自分の身体や目的にあったものを選びたいと思います。